上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ザ少年倶楽部プレミアム」

本当に楽しみにしていたこの番組・・・
Pちゃんの話し方やっぱり好きだなあ・・・と
改めて思った一時間でした。

じっと相手の目を見て話すところ
話しながら よく手を動かすところ
指先まで伸びている その手の形
「ほんとですか?」の口癖
低いトーンで言う「はい」

そういう話し方が大好き


ジャニーさんのことを
「へんなおじさん」って言ってしまって
太一クンにちょっとたしなめられたあとに
口元に持っていった手の動きがかわいい♪


懐かしい映像を観ながらのシーン。

二郎さんとの忠臣蔵?を観ながら

「なんか なんか なんだっけ ・・・」 笑

ってほわ~~んとしたところや

「もう ボク コレ 
 けっこう記憶から消してる部分があるかもしれないス」
「なんか すごく コレ・・・・  」

のあとの表情が 好きだな~・・・

・・・で、
4TOPS の映像になったら
微笑みが消えたような気がした・・・

それって 私の気のせい?
そのほんのちょっとした表情の変化に
Pの正直な感情が出てるようで
胸がちくっとしました・・・


「少年達」で初めてドラマに出たときの話題。

NGは
「そんなには出してないと思います」
と言ったら太一クンに褒められたPちゃん。

「たぶん 台詞を間違うことの重大さを知らない分
 そのプレッシャーが無いから 少ない と・・・」


Pって、こんな風にちょっと謙虚な言い方をするんですよね。
前にラジオでサーフィンしてるので体が鍛えられたのね?と
振られたときにも
「オレ サーフインがまだへたくそだから 必死で
 出てこうとするんですよね、
 だから人よりいい運動になるんだと思います」

って答えてて。
それはPの正直な気持ちなんだろうけど
なんだかとても謙虚な言い方に感じられて
嬉しくなっちゃうんです。

NGが少ないことも、そんな風に謙虚な理由づけをしてて
Pらしいなあって思いました

そのあとのNEWS結成のころの話は、
知ってはいたけど、彼の口から聞かされると
改めて、せつなく たまらない気持ちでした・・・


「別に嬉しくねえ」

「デビューするなら斗真とだと思ってた」

「はやく一ヶ月過ぎないかなと思ってた」

「一ヶ月だし、このまま乗りきればいいや と思ってた」


どのことばも、私の心臓に命中 

私は、ファンになったのが、NEWS結成発表の少し後で
当時、いろんなサイトで情報を集めてました。
すると、ほとんどのところで
「斗真」の名前が出てて、悲しんでいるファンの姿があって
少しずつ事情がわかってきたときには
本当にPや斗真がいじらしく、
そしてそんなPと組むことになったNEWSメン達も
いじらしくて、なりませんでした。
それまでJr の世界をほとんど知らなかった私は
ジャニー氏の、遠大なる商法に、本当にビックリしてしまって。
好きなJrを応援する乙女心をうまく利用したジャニーズ商法の
巧みさを知って、つくづく複雑な想いでしたね・・
でも、そういう私も、今や、ジャニーズ商法にしっかり捕らえられた
ひとりなんですけど・・・

んーーん 
このころの話を知ると
なんとも言えない
ひりひりするような想いになってしまうんですよね・・・

わーなんだか 暗くなってしまった・・・

でもこれも正直な気持ち・・・

正直なPちゃんみならって書きました。



去年の横浜アリーナのコンサートで
初めてメンバーに愛が生まれたって言ったPちゃん。

休止が決まってから、辛かったけど 
自分の気持ちは誰にも出してない、相談しなかった
って言ったときのP、ちょっと涙目だった・・・?


後半のトークの始まりでPちゃんのアップ♪

「メチャメチャ寄ってる」って言った時
 向かって左目が笑った時に出たちっちゃな2本のシワ
可愛かった~



大学でのマーケティングの勉強を
太一クンに「楽しいでしょ?」って聞かれて
「はい」じゃなくて
「ためになりますね」
って答えたの、ツボでした(笑)
「楽しくはないけどためになる」って Pらしい返答だわ♪

「やっぱ 経営者としてはこっちの方が いいよな みたいな
に 拍手して「おもろい」という国分くん
あはは♪ 私もここ 大爆笑しちゃった♪


入学当初には、わーって集まってこられたP。
日記にも書いてくれてたよね。

「ほんとボク、キレそうになっちゃって
 でも ココでキレたら オレもう明日から来ないな と思って
 『ちょっとやめてください』みたいな感じで・・・」


このあとに
「サラサラじゃん」って触られた話する時のP
 テンションが急にで、オモシロかった♪
 


最後に
「こんな展開になると思った?」と聞かれた時の

「思わなかったです ふふ」

右目を細めながら ふふっ って笑った顔。
ほっとしたようないい笑顔だったな~^^


そして 本当に最後の最後に、
カメラに向かってお辞儀しするときの
カメラ目線と唇かむのと伏目になるところ 


「星をめざして」が終わって


収録後のシーン
太一くんとこちらに歩いてくるときのP。

普段の彼ってあんな感じなのかな?

新宿3丁目の焼き鳥やで
大好きな砂肝食べたあとに
「ごちそうさま~」って言いながら
のれんをくぐって帰る時
あんな感じなのかな~って思いました。


うわ すごく長くなっちゃった

「横アリ」で
高倍率の双眼鏡を通して見たPちゃんの笑顔は
優しさに満ちた笑顔で
幸せをかみしめるような笑顔で
もう本当にピカピかの笑顔でした。

帰宅してすぐに観たこのプレミアム。

Pちゃんが今までに通ってきた道を思ったら
いろいろあったけど
あんなにピカピカの笑顔のPになれてよかったね!
って しみじみ思っちゃって・・・
感無量・・・



ずっと願い続けてきた「サヤエンドウ」
そして「星をめざして」が聴けて
期待以上のトークが聴けて
大満足の一時間でした♪

ジャニーさま NHKさま 太一さま 
どうもありがとうございました♪




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。