上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年4月に放送された
「NEWSのオールナイトニッポン」第4弾♪

いよいよ やまぴーのデイトプランの発表です。

20歳になりたてのP。

彼が、はずかしいのに 強がってる感じが
伝わるでしょうか(笑


ラジオをリアルタイムで聴いてるような臨場感を味わえるように
例によって できるだけ正確に細かく・・・
再現してみますね。

やまぴーの声を表情を力いっぱいにイメージしてくださいね♪
あ、亮ちゃんや内クンのも・・・♪



P 「ハイ まず オレ、待ち合わせは」

亮内「うん」 

P 「えー とりあえず まあ車とかで 
   その好きな子を迎えに行きます」

亮 「迎えにいく」

P 「で、移動手段も、もちろん車で」

亮内「うん」

P 「場所はーそうだなー
   なんか、行き当たりばったりで 決めますネ」

亮 「じゃ その日は たまたまどこでしたか?」

P 「じゃ たまたま うーん そーだな 伊豆とか」

亮 「伊豆(笑)」

内 「ふふふ」 

P 「伊豆に連行します」

亮 「ちょっと 遠めに」
 
P 「遠めに まずどっかね」

内 「伊豆さんね」

P 「そうですね
   行って 
   ま そうだな ま ごはんももちろん食べて」

内 「食べますね」

亮 「旅館とかそういうコトですか?」

P 「旅館?
   でもね よく考えたら これって 
   これから好きになる人だもんね?」

内 「そうそうそう」

P 「じゃあ やっぱ まあ 車でね」
 
亮 「ふふ 帰んのか(笑) はははは・・・」

P 「うん 戻る」

内亮「はははは」

P 「ちょっと 戻って 車で
   ま なんか」

亮 「おう」

P 「その女の子に合わせるけど
   すごい なんだろ 
   その女の子によってさ 好きな食べ物が違うと思うし」

亮 「はい」

P 「すごいおしゃれなお店が好きな人もいると思うし」

内 「うん」

P 「なんかちょっと 焼肉や~みたいな」

亮 「ああ」

P 「そういうのが好きな人もいると思うし」

亮内「うん」

P 「まあ オレは合わせて 連れてって
   まあ楽しく食事したあとに
   アフターディナーということで」


  ~ここでテープひっくり返したので少し切れた~


P 「恋愛とかどんな感じぃ? とか 聞いて~」 

内 「うん」

P 「それで~」
 
亮 「海とか見ながらですか?それは」

P 「ま いいですね」

内 「おーいいね」

P 「海とか見ながら最高じゃないですか」
 
内 「ベストですよ」

P 「オレ海がいちばん好きなんですよ」

内 「かっこえー」

亮 「かっこえー」

P 「いちばん好きな場所にお前連れてきたよってことで」

亮内 「おー」

P 「そんな ときに もう」

内 「おー」

P 「そっこう 言っちゃいます」

内 「なんて言いますの~?(嬉)」


P 「(でも、カッコつけて)  おれっさ  お前のコト 好きだし  」
(エコーが入ってる)


亮 「ふふふ」

内 「きゃははは」
   はずかしいーわ コレ(笑)」

P 「はずかしくないよ ゼンゼン(口とがらして強がってる感じ)

内 「好きだし って
   好きだし  って」

P 「だ~もう~ あ~~~~~(照れて叫ぶ)
  
内 「へへへへ」

亮 「へー」 

内 「エコー入ってましたよ エコー」

P 「エコーとか入れんじゃ ねえ~(照れて 怒ってる♪)」

内 「へへへへ  これは 恥ずかしいわあ もう」

P 「でもさ あれじゃない?やっぱ」
   今さふざけて言ったけど(ちょっと毅然と) 」

亮 「うん」

P 「好きになったら 自分の気持ち すぐ言いますよ」

亮内「うん」

P 「これは なんだろ
   やっぱ 売りきれちゃうと思うんだ
   (声がひっくり返ってる)」

内 「うん」

P 「すきを狙ってたら 
   タイミングとか狙ってたら

   よくあるじゃん
   たとえばね 
   ゲームソフトがね 新しいのが出ました
   すぐ行かないと売り切れちゃうじゃん」

内 「早く行かなきゃ とられるもんね」

亮 「(茶化して)Pにとって女の子はゲーム感覚なんですって」

内 「はははははは」

亮 「へへへへへ」

P 「オレはヨー(怒って拗ねた声で)
   わかりやすく言ったんだお~(口とがらせて言う口調で)」

内 「ははは・・・」

亮 「ほんまに?笑」」

内 「ゲームやったら すぐ飽きるで~ すぐ飽きちまうで~(笑)」


P 「でもさー どうする?(ムキになって声裏返る )
   好きな子がさ
   ね?ともだちとかにさ 横取りされたら」

内 「そら 腹立ちますよ」

P 「ねー オレが最初に好きだったのにさ~(怒)」

内 「なー」
 
P 「って話になってくるじゃないですかあ」
  
内 「そら 早めに手え出さな あかんな」

亮 「ですねー(笑)」

亮 「内、おまえが女の子だったらどう? Pのプランどう?」

内 「オレが女の子だったら?やまPのプラン?
   好きやな~]

亮 「うそっ」

内 「オレけっこう海とか好きやもん」

亮 「なんや お前」
 
内 「ひゃはははは」

亮 「海好き 海好き て ほんまに」

P 「(笑いながら)亮ちゃん自分も海好きだからね(笑)」

 
  はははははは・・・・3人ぐだぐだに笑い合ってる
  めっちゃ楽しそうな3人でした♪

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。