上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝も夜も虫の声がたくさん聞こえます。
このあいだまで せみの声がうるさいほどだったのに。

急に涼しくなってきて
ブザビも残り少なくなってきて
今年の夏もそろそろ終わりかな って
ちょっぴりさびしいきょうこのごろです。

みなさまはどうですか?


「ブザー・ビート」 第9話

せつない・・・っていうより 悲しい

そんな回でした。


あ、 もちろん つっこむのは忘れませんでしたよ^^
「お前がな」って(笑)

あんなに雨に濡れたら 風邪ひきますよね・・・
コンビ二で傘くらい買ってよ って思ったけど
それでは ドラマになりませんものネ(笑)


莉子の部屋の中では

カッコかわいい&カッコ美しい直輝 をいっぱい見られました^^

フレンチトーストつまむ直輝
指をなめる直輝
莉子の足をポンッてたたく直輝

髪が濡れたおかげで顔がよく見えて
ブロンズ色の肌に真っ白なタンクトップが映えて
最高の直輝でした


2週間ぶりのOP映像は
どこが変わってるかな?と目を凝らしました(笑)
あ ブランコに乗っている、かわいい(笑)



ダメになってほしかった
やっぱりお前がいないとダメだ
って言ってほしかった

っていう菜月の気持ち 

今まででいちばん 菜月の気持ちが わかる気がしました。

わかるけど

でも やってはいけないことですよね、莉子に対してしていることは。


菜月は、宇都さんにはいつも本音で語れるのですね。
本音を聞きながら視線を走らせる宇都さんの表情・・・
宇都さんはそんな菜月をどう思っているのだろう?



直輝と莉子の電話シーンは やっぱりなごみます^^
直輝のやわらかな声が好きだから。
それと 素顔の莉子だから(笑)
莉子の顔 わたしは 素顔の方がずーっと好きだなあ・・・(しみじみ)

「気をつけて帰って来いよ」の言い方が男っぽくて
きゅんとしました 


本屋まで来た菜月が莉子に言い放った言葉たち。

  直輝と現実を生きたかったの 
  あなたと直輝みたいに傷の舐めあいじゃなくて
  あなたとなら劣等感もないだろうし 
  ふわふわした幼稚な関係でいられて
  現実見ろよ
  妄想に逃げてる暇があったらまじめに働けよ
  直輝はそういう大事な話はあなたにはできないんだよ


弱っている莉子の心を 刃物のように切り裂きます・・・


帰宅して殴り合いのことを話す秀治。
その直後に「会えない」のメール。

莉子が猜疑心のかたまりになっていく過程が よくわかりました。



代々木と殴りあう直輝を制した後の
宇都さんの、言葉も深かった・・・

「 菜月のこともういちど考えてみたらどうだ
 あいつはまだお前のことを忘れてないよ
 代々木もそれを気づいてるんじゃないかな」


(代々木はどうしても直輝にはかなわないと思っていて
 屈折しているように見える・・・
 代々木は最終回までこのままなの?
 彼を嫌いになれない私は 今回もそんなこと思いました^^;)



いつもの公園で語りあうふたり。

いつも幸せだった公園で
初めて心がすれ違っていく2人・・・(悲)



「莉子はオレと菜月のこと知らないだろ」

これは 禁句ですよね (涙)

菜月に言われた言葉を
次々に直輝に返していく 莉子。

そんなことないよ! 今は莉子だけだよ!
って 言ってほしかっただろうな。

そう言えなかった直輝が

悲しい・・・



まあ ラブストーリーの王道的展開なんですけれど

はがゆくて じれったくて 腹立たしくて たまらない!

お話は そんな風に流れていきました。




終盤

直輝はようやく菜月に

今大事にしたい人がいること
オレはオレの道を行くってこと

ちゃんと言えたのに

そして

向日葵の花を一輪持って駆けつけるのに

川崎さんが 来ちゃって
部屋にあげちゃって 涙見せたりするから
あんな風になっちゃって・・・

川崎さんはスポーツマンらしく爽やかに
身をひこうとしてくれたのにね。



『恋』は 人を強くする

けれど

『うまくいかない時の恋』は 人を弱くする 



そんなことを思わせる

悲しい第9話でした。



あと2話。

中野プロデューサーによれば

10話はせつなくて
11話は痛快 

ってことみたいですね?



もう2話しかみられないなんて さびしいなあ・・・

あと2回 大切に たいせつに 観たいと思います。



えーっと 最後に 今回 クスッと笑ったシーンたち^^


 ・こまめによく働く青年A
  って 麻衣の直輝に対する評価にうけました(笑)

 ・料理好きな直輝にしては
  ちょっとたどたどしかった葱の切り方(笑)

 ・PBA って 正しい頭文字なのはわかるけど
  P っていうのが なんか 楽しい(笑)

 ・殴り合うシーンで 直輝を止める石田さんが
  一瞬直輝の左胸を触って すぐに戻したところ(笑)

 
  そして もうひとつ直輝、

  ・「今度一から教えるね」って言った後に
  投げ出した左足をちょっと反らしたとこ(笑)
  指がかわいかったです^^

  直輝のお顔に見とれてて 気づかなかった方
  録画でチェックしてみてくださいね♪^^




いつも長くてすみません。
最後まで読んでくださって ありがとうございました(^○^)/


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。