上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nikuさんの 公式ブログ日記に
「8話では 大変なことが起こる」って書いてありますネ。

森本先生のインタビューにも 同じようなことが書かれてました。

でも、公式HPを読んでる人達は、もちろん観る人たちなので

観るか観ないかわからないような 浮遊層(っていうの? ^^;)の方達にこそ 
「8話は凄いことが起こるらしいから観てね!」って 伝えたい! ^^

1話だけ観た人とか
3話まで観た人とか
五輪で中断しちゃって もう観ないかも?って思ってる人とか

そういう人に、伝えたいですよね! 

そのためには
「笑っていいとも」のテレフォンショッキングは
最高の番宣のはず♪^^

今日のギバちゃんは
さらっとしかおっしゃらなかったので 

明日の哲太さんには 
「今日はすごいことが起こるので ぜひ観てください!
 まだ観たこと無い人も ぜひ観てください!
 今までの筋は 公式HP読むとわかるので まだまだ 追いつけますから!」
くらい熱~~く 語ってほしいな♪


あ それから 先週の今日出た「TVぴあ」 いいですネ♪
買ってない方は ぜひ 今からでも買ってくださいマセ!^^
脚本の林宏司さんのインタビュー記事がとっても良かったので!
手元に置いておきたい一冊だと思います^^
(2週間分のテレビ誌なので 来週 の今日までは 次号が出る迄は 最新号ですよん^^)



「コード・ブルー」 第7話。

とても良かった・・・泣けました・・・

三井先生のエピソード、
1年前の同じ日に難産で娘を産んだから
医者としてではなく女として 行動してしまった
と 詫びるシーン
胸に ぐっときました。 

私も上の男の子を産んだとき 難産で、 母子ともに 大変だったんです。

そういう経験があることもあって
三井先生の言葉が涙が 琴線に触れました・・・

このドラマのテーマのひとつである
「医者もひとりの人間である」
っていうことが
とてもわかりやすく伝わってくるエピソードでした。

冴島の恋人とのエピソードも、
彼女が ひとりの弱い人間として悩む姿が
よかったです。

「『恋人のために、今の仕事を休んで、5年間を捧げる』 という、ある意味ヒューマンな選択」
を、しなかった冴島と
彼らしい言動で彼女を思いやる 藍沢の シーン。

ああ ヘリを こんな風に 表現するんだ・・・
って 感動しました 

あのシーンのヘリは
冴島を 優しく包みこむ 海のような存在だったんですよね・・・


7話まで観てきて
このヘリが
このドラマにとって
やっぱり とっても大事な存在なんだな・・・
って 思います。

たとえ 派手に飛んだり旋回したりしなくても
ふとしたシーンで病院の窓から停まっているヘリが見えると
なんだか ほっとするんです^^

ヘリ かなり 好きです♪ わたし  笑


7話で いちばん好きなシーンは

藍沢先生が 
ばーちゃんと一緒に
手づかみで、カボチャの煮付け(でしたよね?^^)を食べるシーンでした。


何も言わないけれど
彼の思いが びんびん伝わってくる気がしました。



     ばーちゃん 

     焦らず ゆっくり 行こうな 


     オレは

     今のばーちゃんを そのまんま 受けとめるよ


     箸を使いたくないなら 一緒に 手づかみで 食べよう


     オレのことがわからないから

     それでもいいよ


     オレと同じ医者をしてるばーちゃんの大事な孫の話
 
     いっぱい聞かせてくれよな


      ばーちゃん・・・




・・・そんな声が聞こえるような気がしました。

6話の最後のシーンで聞けたあの 甘やかで優しい魅力的な藍沢先生の声

・・・

そんな 藍沢先生の声が聞こえるような気がして

またまた 泣けました・・・





 藍沢せんせー   わーーん 






8話 どんなことが起こるんだろう?


すごく 楽しみです


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。