上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このドラマの感想をいろんなトコロで読んでみると
不満感じてる人・・・多いんですネ。

医療ドラマというと
患者との感動的な触れあいを描いたり
医師の天才的な医療技術を描いたりして
観ているものにカタルシスを与えてくれるものが多いから

そういう面が少ない「コード・ブルー」には
不満を感じる人も多いのかな・・・?


私は、
感動エピソードが盛りだくさんな医療ドラマっていうのが 
もともとちょっと苦手で 
実際は、もっと淡々としたものだろう?
って思ってきたんですよね。
実際の医療現場には、さまざまな患者さんが訪れて
時には「なんだこの患者は?」って思っちゃうときもあるんじゃないかと。

医師も生身の人間。
携わっているのは人の生死にかかわる気の抜けない仕事ではあるけれど
自分の失恋に打ちひしがれながら患者と向かい合う日だってあるはず・・・

膨大な数の患者を診る日常は相当に慌しく過ぎていくのだと思う。

小さい時に何回か入院した息子を通して見た病院で
ここ数年入退院を繰り返している母を通して見た病院で

私が感じた医療現場のイメージは そんな感じなんです。


だから
「コード・ブルー」で描かれる いろんなタイプの患者さんが混在する雰囲気は
とてもリアルな気がして、
好きなんですよね、私。


第1話の冒頭、勝村さん演じる医師が、藍沢たちを案内するシーンで
途中、ナースに「DVD明日返すね」みたいなこと話しかけてたでしょ?^^
あれを見た時、 何気ない日常的なシーンを繫げていくシナリオなんだな、って
私の好きなテイストだな~♪って思ったのでした。^^



以前、ある独身の女優さんが、初めて母親役をやることになり
がんばって演じた時のエピソードを雑誌で
読んだことがあるのだけど。

その女優さんは 幼稚園児の娘を育てている設定で
愛情深い母親像を一生懸命に演じたそうです。
そしたら、監督に「ちょっと違うんじゃないか?」と言われて、
改めていろな場所でさまざまな母娘を観察したのだそうです。

そこで彼女(女優さん)は気づきました。

自分の演じていたのは 

母と娘 ではなくて
幼稚園の先生と園児 だったんだ

って。



彼女は 
娘と話すときに いつもしゃがんで目線を娘に合わせて会話し
娘には いつも やさしい母の愛に満ちた口調で話しかけ
いいお母さんを演じてたそうなのだけど
実際にたくさんの母娘を観察してみたら
忙しい日常の中では
娘に対していつもいつもそんな風にカンペキな対応をしている母はいない
ことに気づいたそうです。
(もちろん いつも カンペキに近い形で娘に接している母親もいるでしょうが
 ・・・って そもそも カンペキ ってなんだ? ^^;)

えーっと
何が言いたいかと言うと・・・


生身の母娘の形がいろいろあるように
生身の医師と患者の形もいろいろあるんだろうな・・・ということです。


あ、

そういうことを言いたかったのではないかも?

あれ?

う~~~む 

うまく書けないです 書きたいことが・・・ 





あちこちで いろいろ感想を読んでたら
お医者様らしき人のお褒めのコメントで
「医療シーンがリアルに再現されている」
というのがありました。

第3話の手術シーンで
緋山が「脂肪組織が多い」って言った後に
煙が出てきたでしょう?
あれは
「脂肪組織の止血のときに電気メスで脂肪が焦げるから」
なのだと、書かれてました。


徹夜で撮った手術シーン。
実際には 沢山の場面を撮ったのですよね。
でも
どの程度まで放映していいのかどうか?など悩みながら
編集された結果が、実際に放映されたあの数分だったのでしょう。
(リアルな切開シーンとか、子供が観るから割愛しようとか
 これはどうしても入れたいとか
 スタッフの方 編集には 本当に本当に苦労されてるのだろうな・・・)

Pも前に日記で書いてたましたよね。
一日がかりで撮ったのに放送されたのは2分
って ^^;


ドラマはたくさんの人たちの力が結集されてできるものなのだ
ってことを
このドラマを観ると いつも以上に感じます。



・・・とここまで書いて

なんでこんな感想になっちゃったんだろう?って



でも
でも
でも

そんなの関係ねー

じゃなくって!



このまま アップしちゃいます。


ここで 書き直してたら


きっと 第4話の放送に追い越されちゃうと思うので 

いつも
いつも
へんな感想?エントリー?で 本当にゴメンなさい!





えーっと
これだけは 書いておかなくっちゃ。

第3話の手術シーン。

マスクからのぞく藍沢先生の目力素晴らしかったです!

それから

「メス」

じゃなくて

「メスください」

って言う丁寧な言い方

大好きです^^

そのあとに手術中の藍沢先生が
わからない
って言うところがあるんだけど、

「わかんない」

って聞こえたんですけど。^^


気のせいかな~?
思い込みかな~? ^^;


「わからない」

じゃなくて

「わかんない」

って聞こえたところが

(この瞬間だけ 藍沢先生じゃなくて Pそのもの って感じで^^)

ツボ でした 笑




第4話 楽しみで~~~す♪


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。