上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 「クロサギ」のHPで

2月5日(火):「映画 クロサギ」完成披露会見!

がUPされました。

今までWSや雑誌やジャニーズweb のtopicsなどで断片的に読んでましたけど
初めての内容も多くて面白かった^^

竹中さん、面白い♪

大地さんのコメントがとても温かくて、嬉しくなりました。

山崎さんは、ユーモアあり、含蓄のあるお言葉あり^^
山崎さんのおかげで 
軽すぎず重すぎず、
とても 雰囲気のよい記者会見になったな~って思いました。

記者会見に出てくださっただけでも感激だったのに
あんなに盛り上げてくださるなんて
山崎さん ありがとうございました!

Pにとっては「刑務所の中」(2002)の山崎さんだけど
私にとっては「天国と地獄」(1963)の山崎さんなんですよね。
(・・・この2作品の制作年度差が41年もあるわ
(ギャッ 読み返したら計算間違いしてた!差は39年でした~ ^^;)
私の中では
Pと山崎さんというのは 何の接点もない遠く隔たった2人でした。

Pが俳優業をやりたいと思ってても
山崎さんと共演するということは
私にはなかなか想像がつかなかった・・・

「ねじれの位置」にいるような2人だと思っていたんです、
「クロサギ」以前は。


でも、ドラマの撮影時から
山崎さんが、Pのことを気に入ってくださってるような気配が伝わってきて・・・^^

その、気配を最初に感じた時は 嬉しかったな~^^


その後も
Pを食事に誘ってくださったり
「週刊文春」で連載しておられる『読書日記』にPのことを書いてくださったり
映画化を望んでくださったり

山崎さんが、「山下智久」を気に入ってくださってることが
折りに触れ 感じられて、
本当に嬉しかったです・・・^^


そして
そして

今回の

「隠し子」発言♪(笑)

その後に続く

「不憫で 不憫で」

「その分 かわいくて。」

もうね
この辺りの山崎さんの畳み掛けるような語り口
WSで聴いたときには
私 嬉しさと感激で泣き笑いしてしまいました^^


山崎さんが
何十年も俳優業をやってこられたこの時期に
山下智久という若者と巡りあい
その若さや未熟さや必死さを見て
心に響くものを感じてくださったとしたら
本当に嬉しい。

実際には
Pよりもっと演技力があり
Pよりもっと人格者で
Pよりもっと勉強家で
Pより山崎さんと話の合う若手俳優
の方も たくさんいると思います。(もちろんですよね)

でも、山崎さんがドラマで共演したのはPだった。

その巡り合せに 
感謝の気持ちでいっぱいです。

運命の神様 ありがとう!笑


「いつか一緒に金庫破りの映画しような!」(でしたっけ?)
みたいなことまで言っていただいて

本当に光栄だよね 山下クン!^^


Pが
映画「クロサギ」のあとも
山崎さんと素敵に繋がっていけますように!


映画「クロサギ」HPのレポート読んで
こんなこと 改めて思ってしまいました。^^


   *   *   *   *   *
 

HEY HEY HEY も
「うたばん」も
楽しみですネ~♪

「フレンドパーク」も めちゃめちゃ楽しみ~~~~♪♪♪

「本気になりすぎた」P・・・・

って
どんな なのかな~?


私も 楽しみなような 不安なような・・・

う~~~ん 早く見たいです~~~

   
   あ!追伸です♪
   前回のエントリーの拍手、本当にありがとうございました!
   とっても嬉しかったです^^
   そしてコメントもありがとうございました!
   秘コメの方にも 公開コメの方にも 拍手コメ欄にお返事書くつもりでいます。
   もう少ししたら 拍手コメ欄をまた覗いてみてくださいね。
   ホント、嬉しかったです、ありがとう



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。