上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あー まだまだ ドキドキしてる~
髪の分け方が<「白虎隊」現代>バージョンでしたー
あの髪型であんなに動くP見たの初めてだったから
新鮮だった~っていうか ちょっと別の人にも見えました
なんかねー ずいぶんおとなっぽくなってたな~^^
艶っぽくてりりしくて力強い感じ・・・
京都の2ヶ月がどんな日々だったかが
彼の表情やたたずまいから伝わってくる・・・
うん なんか そんな感じを受けました。

観たかったですよね、海外組のみなさん、
それから、国内にいたけど ワケあって観そびれた方も!

Pが出たトコだけ
すごくザックリですけど
ちっちゃなレポ 書いてみます。


「一億三千万人が選ぶ!ベストアーテイスト2006」
                  in 横浜アリーナ
7時45分ころ
「3組いっぺんに発表します」の司会者の声で
山下智久 KAT-TUN タッキー&翼 の3組が登場。
Pは一番最初に出てきました。
笑顔ではなくちょっとおすまし顔。
胸はって大またで颯爽と歩いてきました。 
   
~CM~

徳光さん「メッセージをお願いします。山下くんから」
P   「はい、みなさん、ベストアーテイストに
     選んでいただきありがとうございます(ペコリ)
     ほんとに、あの、ファンのみなさんがいて     
     自分がいるってことを実感しました。
     どうもありがとうございました(ペコリ)」

     (KAT-TUN とタキツバ 挨拶)

徳光さん「亀梨くんと山下くんは昨年「修二と彰で
     青春アミーゴをうたってもらいましたけれど
     どうですか、別々に参加するっていうのは」
P   「ほんとに久々に会ったので、
     単純に嬉しかったです。」
徳光さん「久々なの?
P   「久々に会いました」
亀   「久々ですね」
  

(KAT-TUNの田口くんの21歳誕生日話)

(桜塚やっくん達3人による
     「エンタの神様」スペシャルライブ)

8時ごろいよいよ3組のスペシャルステージ

いよいよ「抱いてセニョリータ」。
イントロが流れ始める
向かって左から
田口、亀、P、田中、上田、中丸の順で 
6人が並んでいる。
最初のあのポーズを6人一緒にしたあと、
Pは田中くんの方に笑いかけながら手拍子、
5人は それぞれフリーにワイワイ踊ってる

歌が始まり
Pひとりだけ、ハンドマイクを持ち、歌いながら
向かって左方に外周を歩き出す


今夜のPの衣装は
NEWSのイニシャル入りの例の黒ジャケットに
花柄の丈の短い赤シャツ、グレーのデニムパンツ 
そして 黒い腰布(要らないのにネ 笑)

外周を歩きながら

「ケンカの傷跡を
 眺めあなたは言う」右手を胸にあてる
「あいつとつるむのは」客席に右手をあげて手を振る
「もうやめなと」

「わかってる女なんて」右手小指ヒラヒラ
「おとなぶってガキ扱い」
「もうやめにしてくれないか」

「抱いて抱いて・・・」
 胸をはだけて 第一回目のサービスショット♪
 待望のもの(?^^;)見えましたよ~♪

「じれったいのよ~」右手小指たてる
 
 
 ~間奏~

 踊りながら
 かなりの腰パンで、シャツの丈も短いため
 (シャツの前は真ん中あたりのボタンだけとめてある) 
 おなかや背中がいっぱい見えます♪
 ボディロールのあと
 クルっとまわって後ろ向きになったとき 
 サービス満載のバックショット♪
 いつものD&Gをたっぷりと見せてくれました~♪

その後また外周を歩いて回ってるときに
外周沿いにいたピンク色セーターの女性が
Pと握手風にタッチできて 
笑顔でガッツポーズしてしました~

最後の方、ちょっとかけ足で、外周を回り終えて 
舞台に戻ると
亀も反対方向から舞台に出てきて 
舞台中央で2人でハイタッチ♪
そのあと 
アミーゴ風ダンスをふたりで踊り(もっと観たかった^^)
KAT-TUNの歌に繋げて Pは はけていきました。

(KAT-TUNの歌「僕らの街で」)

次はタキツバの「Venus」。
途中からKAT-TUNとPがバックに加わる。
みんな楽しそうに笑顔で踊ってましたが
Pは最後の方でちょっとフリが遅れて
キョロキョロして恥ずかしそうに
下唇噛んでちっちゃくお口もあけてました。

歌い終わり、手を振り、最後は
会釈して帰っていく 今夜も礼儀正しいPでした。


なんか すごくざっとだけど 
観られなかった方に少しでも今日の映像を
想像してもらえたら と思って 
書いてみました


それじゃ おやすみなさい♪
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。