上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ブザー・ビート」 第3話


1回目は リアルタイムに夫と
2回目は 深夜、娘と二人で
3回目は ひとりで

3回観ることができました♪
いちばん面白かったのは3回目。
シナリオの面白さや演出の面白さを
観るたびに、
より細かく感じられて、
より細かく発見できて

はい♪
かなり嵌っております(笑)


 ♪ ビ-ル受けとって小さく「ありがと」って言ってる直輝。
    プロ大5話で礼に卵焼きもらった時の「ありがと」思い出した。
    Pらしいな^^

 ♪ 乾杯しようとして してもらえない直輝^^ 笑 かなりツボ^^

 ♪ 莉子をおんぶしてる時の密着度がすごいっ
    菜月とのハグよりもぴったりくっついてる~~
    北川さん いーなー(羨)

 ♪ 莉子の部屋を片付けてる時の直輝に 萌え^^
    部屋を片付けるP 初めてで新鮮^^

 ♪  コンサ-ト行くときも 直輝パンツなんだ ^^
    予告見たときは 普通のスーツ姿かと思ってた。 笑

 ♪ 菜月にあそこまで言わせる直輝って、ちょっとどうなの?
    添い寝くらいしてあげなさいよー
   
 ♪ 莉子と対照的なことを言う菜月。
    今回、菜月の気持ち 伝わってきましたよ。


   ↑
 以上は ザッと観ての感想メモです。



大森さんのシナリオ大好きなわたし♪

3話で特に印象的だった台詞は・・・

「見てんのはお前だろ」「目が合うのはお前が俺を見てるから」(代々木)

「もう少しゆっくり進んでもいいですか」(莉子)

「いやあ・・・見る目あるね、」(直輝)

でした~^^

「見る目あるね」とサラリという直輝に
ちょっと口ごもる莉子。

2人の『想いのベクトル』は
莉子の方が 先に 直輝に向かい始めてるのかな?


そうだ もひとつあった!
麻衣の
「派手な女がわらわらと」 には大爆笑でした♪




3話の「好きな直輝」は


  秀治の「メモろ」のあと、それを見ながら微笑む直輝の横顔

  莉子への
   「飲みっぷりいいね」「酒強いね」って言い方。
   素っぽい。
     
  海で菜月に送信するシーン。
   逆光のなか シルエッがきれい。




そういえば
今回、一時間の3分の1くらいが、
腹筋祭だったような気が・・・(笑)


2年前のちょうど今頃
プロ大の感想の中で

「お願いだから 一度でいいから
 5人で海に遊びに行く回を作って!」

と懇願していたのが 夢のようです。

まさか その2年後に
こんな 『腹筋天国』を見られるとは思ってもいませんでしたよぉ(幸)




まじ結婚したいし子供欲しい
という直輝は、
妻として母として菜月を選んでるのかなあ?
菜月との2年間
ふたりは どんな日々を過ごしてきたのだろう?
淡々と進んで来たのなら
直輝はまだ本当の恋愛を知らないの? かな?

莉子を愛するようになって
直輝がどんな風に変貌していくのか 楽しみです。


それにしても
公園で莉子と語り合う直輝が ナチュラルすぎる 
莉子の台詞だけが決まっていて、直輝は自由に喋ってるのでは?
なんて 思えちゃうほどでした(笑)



あー もうひとつ♪

冷蔵庫が撤去されるところを写メる時に
どアップになる左手の親指の爪・・・

久々に 私の大好きなPの爪を見る事ができました(笑)



視聴率、すこーし上がりましたネ。

もう、下がってほしくないけれど

やはりこれからも上げ下げあることでしょう・・・


でも

でも

こんなに面白いのですから


最終的には 必ずやきっと・・・!

    




   ガンバレ 「ブザー・ビート」チーム!



    




... 続きを読む
スポンサーサイト
「ブザー・ビート」 第2話


ゆきとどいた菜月と
がさつな莉子
それぞれの魅力が描かれていて

お話もぐんと進んで

1話以上に面白かった~♪^^

莉子が ますますサバサバしていて良かった。

直輝の家では いつも東ラブの曲がかかるのでしょーか?(笑)

いちばん面白いのはやっぱりガールズトーク。
「おとなの男性はいいよねー 」のクダリは
大爆笑でした♪

きめ細やかでありつつも説明過剰にならない大森さんの脚本、
やっぱり いいなあ 大好きです♪


実家での直輝は とってもナチュラルで
まるで P本人を観ているような気になってしまいます。
こんな風に笑うんだろうな とか
こんな風に照れるんだろうな とか
こんな風にいたわるんだろうな とか
こんな風にみつめるんだろうな とか
とか とか
・・・想像できて ファンとしてはすごく幸せですよネ^^


終盤 花火のシーン。
直輝の笑顔が
やわらかくて やさしくて うつくしくて
見とれました 癒されました。

上矢くん 白河さん と呼び合うシーンも好きです^^


菜月の今後や代々木の行動も興味あるし
舞と秀治が親しくなっていくのもほほえましいし
川崎コーチと莉子の進展具合も気になるし

なにより
直輝がこれからどんな風に莉子を意識していくのか?

どの回あたりから
せつなくてたまらない展開になるのか?

私 第2話にして
かなりこのドラマに嵌っております!


スタッフの皆さま
キャストのみなさま
素敵なドラマをありがとう!

「ブザー・ビート」本当におもしろいですよ~~♪

ドラマブログでも「いいね このドラマ」という文章
たくさん読みました。

何より 
私のまわりの ふだんあまりドラマを観ない人達が
久々に月9を観ています。
このあいだ友達5人でランチしたときも
私以外の3人が月9の話を始めて
3人とも、面白いと話してました。
(ちなみに私がPファンと知らない友達グループ)


実家に行ったときも義妹が
ブザー・ビートの主題歌の話をしてきて

いい感じに このドラマ 浸透してきています^^


ますます素敵なドラマになっていきますように!

Pも変わらず元気でネ!




あー 早く観たいな 第3話 

    








「ブザー・ビート」 第1話


7月13日 月曜日。
待ちに待った 「ブザー・ビート」が始まる日♪

朝から嬉しいことがたくさんありました。

めざましテレビでは、
直輝、莉子、菜月の3人が生出演。
喋り始めがうまく合わなくて、北川さんが「グダグダだ」と呟くのと
Pの「んふふふ」が聞けたこと♪
金子さんがPのことを「粛々と・・・」と評してくれたこと。
金子さんのようなタイプの男性に「男らしい」と言ってもらえたのは、
すごく嬉しかったなー^^

とくダネ!では、
小倉さんの「すごく面白かった!」の言葉が、夢のようでした^^
プロ大の時もコドブルの時は、
とくダネ!だけは生出演の機会が無くて残念だったから・・・
今回初めて呼んでもらえて、結構長く時間とってもらえて嬉しかった^^
「あまたつ」って呼び掛ける時
「せ~の」って声に出さずに言ったP、かわいかった~~~^^
(追記:間違い箇所を、7/29に―――で訂正しました)


そしてそして、もうひとつ。
いいともが始まる直前のスポットで、
新吾くんが何度も「ヤマピー」って呼んでくれたこと。
確か
「ヤマピー、ヤマピー、ヤマピー、よろしくね」
みたいな感じだったような・・・?
香取くんとのこんなに親しい絡みを見たのは初めてだったので、
なんだかとてもほっこりしてしまったのでした。


そして夜の9時。待ちに待った第1話が始まりました。

直輝Pは、本当にカッコかわいかった♪

ドラマはこれぞ月9 キラキラと華やかで、
永井さんの言うとおり「月9が帰ってきた~~~」って感じでしたね。
ワクワクしながら観ました。
本当に楽しくて面白くて 
私 大好きです!こういうドラマ。

直輝がフレンチト-スト作ってるシ-ンで
「東京ラブストーリー」のBGMが流れた時は、
おいっとなりましたが(笑) これもまた、
今回のドラマへの熱い想いが込められているのだろうな・・・
と解釈しました。^^

大森さんの脚本は、やっぱりガ-ルズト-クが面白い♪
莉子&麻衣のシ-ン好きだな-。

実は 正直に言っちゃうと
私、北川さんのこと(あまりよく知らないのに) 
ほんの少しの情報と外見的なイメージで
ちょっとニガテだったのです。
なので
第1話が始まる迄にそのニガテ意識を無くすこと
が1番の課題?だったんですよね(笑)

北川さんのblogを読んだり、
ドラフェスや「5LDK」を観たりするうちに
好感度がぐんぐん上がっていきました。
娘に勧められて観た映画「間宮兄弟」の北川さんの演技も、キュ-トで素敵だったし。

課題をクリアできて、
本当にこのドラマを楽しみに待つことができました。


第1話では
直輝と莉子の並びが なかなかお似合いだったので
これからますます魅力的なツーショットになってくれますようにと、応援しています。

ラブストーリーとして成功するためには
直輝と莉子の並びが本当に素敵で
キュンキュンできることが 絶対条件だと思うので・・・♪


P世代の娘の感想は
第一声が
「北川さんが良かった!^^」
そして 
「代々木役の人もいいネ^^」
でした。

私も、ほぼ同感^^

アークスのメンバーに 金子さんや青木さんのようなタイプの男性がいることで
リアルな感じが出たと思いました。
Pと溝端くんはもちろんですが
伊藤さんも永井さんも やはり甘いマスクだから
金子さんや青木さんのような精悍な男性がいてくれてよかったな、って。


菜月のことは
彼女が直輝をものたりなく思う気持ちはわかるけれど
同じチームの男と関係を持ってしまうっていうのは
ちょっと理解できないものがありました。
直輝に知られる可能性はすごく高いわけだし・・・
直輝との関係をどうしたいのか?
でも だからこそ、
彼女の複雑な心境が透けてみえる気も・・・^^;

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。